空室対策#1 原状回復工事+α

コメント

コンセプトは、「いつも通り、ではない空室」です。

オーナー様の工事予算と折り合いをつけつつも、紋切り型の原状回復ではなく、一工夫を凝らしたご提案・施工を心がけました。
また、仲介業者さんと一緒に内見に来たお客さんが、少しでも部屋に興味を持ってもらえるよう意識して取り組みました。

物件オーナーである施主様には、住まい手がスムーズに見つかる「(家賃を下げずに)決まる」部屋、
住まい手となる内見のお客様には、「住みたい」部屋、
不動産仲介業者さんには、「(お客さんを)連れてきたい」部屋、

全国平均での空室の増加に伴い、賃貸市場での入居者確保の競争が激しくなるなか、当社の空室対策では、そういった各々のご要望を満たせるような施工を目指しています。

幸い、この部屋は清掃作業前になって、新入居の方が決まりました。

備考
都内/S造/2DK/築年数20年程度