地下受水槽廻り 電気配線改修工事

【警報の作動異常】

マンション地下の受水槽の警報が正常に機能しなくなりました。調査の結果、コンクリート躯体埋設部分の電気配線に問題がある可能性が浮上しました。隠蔽配線は切り離して、新たに露出にて電気配線を行うこととしました。また電極棒の交換も行いました。

【受水槽電極棒撤去】

受水槽の既存の電極棒を撤去します。

【ナイフスイッチ現況】

二槽式の受水槽の電極切り換えスイッチが壊れていました。

【電極棒加工】

交換用の電極棒を切断加工します。

【電極棒挿入設置】

加工した電極棒を設置します。

【仮配線】

応急で増圧ポンプと受水槽間に仮配線を設置します。

【電極切り換え盤設置】

ナイフスイッチの後継となる電極切り換え盤をコンクリート壁に取り付けます。

【電線管設置】

レーザーで墨だし後、電線管を配置していきます。

【電極切り換え盤圧着】

電極切り換え盤内部にて端子類の圧着作業を行います。

【作業完了】

警報の異常が復旧しました。

【施工後配管】

金属管の中に配線が通っています。

Scroll to Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。