寄棟屋根 板金下地の改修

施工前
台風により、屋根の棟板金が飛ばされてしまいました。
解体、防水紙貼り
既存の屋根板金を撤去後、防水下地として防水紙を貼ります。
樹脂製貫板設置
棟板金を固定する釘は、天候の影響や木材の乾燥収縮などにより釘が徐々に抜けてきます。
釘を受ける貫板を樹脂製にすることで、木材よりも釘が抜けにくくなります。
板金加工
棟板金を現場で加工します。
棟板金取り付け
棟板金をビスで固定します。
コーキング充填
下地にコーキングを充填し、板金を被せてビスで板金を固定します。
その後、板金の取り合い部に再度コーキングを充填し、作業完了です。