ユニットバスの腐食部補修

施工前
築30年のRC賃貸マンションに於いて、初代ユニットバスを継続使用している現場です。壁面パネルと開き戸に腐食が見られましたので美観、防水性含め補修を行いました。
開き戸、ケレン
開き戸は一旦取り外し、表面の膨れた部分を削り取り、パネルを貼れるように平滑にします。
UB壁下端、ケレン
UB内部の下端も、開き戸同様に、表面の膨れを撤去します。
上貼りパネル切り出し
損傷個所に上貼りするパネルを切り出します。
UB壁下端、パネル貼り
パネルにたっぷりシール材を塗布し、圧着します。パネル上端は見切り材を入れてさらにシール材を充填します。
開き戸、パネル上貼り
開き戸も、UB内部同様にパネルを上貼りします。
UB内部、施工完了
美観と機能面が改善しました。
開き戸、施工完了
こちらも、さびによる腐食に伴う表面の膨れがなくなり、外観がすっきりしました。